最近、大学入試に新しい方式の入試が導入されたことをご存知なかたも多いと思います。
AO入試「Admissions Office試験」という形式の大学入試のことです。
AO入試とはどのような入試形式なのでしょうか?
AO入試とは、「出願者の自分自身の人物像を学校側が学校の信念や理想像と照らし合わせ、その学校に相応しい人間かどうかを判断し、合否を決める」というとても特殊な入試方法といえます。

スポンサードリンク

AO入試とは

これまでの入試は、みなさんもご存知のとおり、学力を試す為のテスト形式の試験での得点が大きなウエイトを占めてましたが、AO入試では「志願理由書」や、「面接」による学校側への印象が重要視されるのです。

AO入試では、個人個人のパーソナリティーを重視して試験がおこなわれることになるのです。

AO入試の発祥地は、アメリカや、イギリス、カナダといった英語圏であるといわれています。
すでにAO入試を導入している国では、大学にとって有益であり、なおかつ受験者にとってもよりよい環境の場を提供できる方式として確立されてるのです。

日本では1990年に初めて採用されて以来、現在では約600校が採用している試験ですが、AO入試導入当初は、自己主張が苦手で「事なかれ主義」、「右へならえ」の日本人にはあまり向いていない試験ではないかと言われていました。

しかし、バブル崩壊後、個性尊重の風潮が強くなってきて、大学側にとっては個性を伸ばすという意味でAO入試が非常に大きな宣伝になりました。

また、自分の目指す方向性が決まっている学生にとっては自分にあっている大学に入りやすくなるという、両者の利点が一致した為、導入当初の予想をはるかに超えて、現在も急速に導入する学校が増えてきているといえるでしょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

AO入試対策:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://school.df93.com/ao/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。