予備校というのは、大学を受験しようと決めた受験生たちが利用するところです。
この予備校というのは有名なところなどを含め多数あります。
親子で進路を考える際の参考にしてみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク

予備校別の指導方法と授業体制

どのような種類の予備校があるのかご紹介しましょう。

四谷学院
ダブル教育といって、理解力と解答力の教育に力を入れています。

みすず学苑
怒涛の英語力・18名で形成されたクラス・難関校への合格・カレッジタイムシステム・クラスを学力別編成といった5つの特徴があります。

お茶の水ゼミナール
ゼミナール方式を少人数で行っています。

城南予備校
独自の受験方法として、合格ノートというのを作ります。

東進ハイスクール
学力を伸ばすことを目的とした予備校とされています。

四谷ゼミナール
完全個別指導と人数製のクラス指導を行います。
入試までのカリキュラムの作成を行っています。
疑問に思った事は、授業中であっても何度も納得がいくまで聞く事ができます。
個別指導なので事前の連絡で振替授業が受けられます。
色々な要望にすばやく対応できるようになっています。
持ち込み教材や学校の教材など、指定教材以外でも対応してくれます。
個別指導授業料は月謝制となっており、講師もそれぞれの個人に適した人となっています。
講師と生徒で授業内容を決めていく事になるので、生徒自身も楽しく勉強ができます。

早慶外語ゼミ
指名制の授業が特徴となっており、講師から色々な質問が飛んでくるようになっています。
気になるクラス編成は学力別になっているようです。

個別指導塾アイリス
365日24時間インターネットを利用して受講できるようになっています。

家庭教師のトライ
色々な家庭教師を選択できるのが特徴となっています。

このように、予備校は沢山ありほかにも多数の予備校があります。

本人にとって、どのような学習方法がベストなのか?という事を考えてから、予備校選びをするとよいのではないでしょうか?

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

予備校と子どもの進路:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://school.df93.com/yobikou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。